MENU

乾燥肌になぜなるの?そしてどうなるの?

一般的に、健康な状態のお肌の角質には、20〜30%の水分が含まれています。

 

お肌の中の水分量が低下して、乾燥を起こしてしまう原因にはいろいろあります。

 

身体的な要因として、間違った洗顔や加齢などによるお肌の状態の変化で、角質層にある「水分を抱え込む成分」が失われてしまうことでお肌の水分量が減ってしまいます。

 

環境的な要因では、空気中の湿度が50%を下回るとお肌から水分が蒸発してしまい、水分量が急速に下がってしまうこともあります。

 

湿度は乾燥する冬に低くなると思われがちですが、昨今では夏場でもエアコンを使うことで湿度が低くなり、お肌の水分が奪われてしまうことも多いのです。

 

お肌は乾燥してしまうと表面がカサカサするだけではなく、お肌の中でもターンオーバーが滞ってしまって、その結果毛穴が開いたり、小じわができたりというトラブルも起きてしまいます。

 

また、シミというのは、ターンオーバーで古い角質が剥がれ落ちるときにシミも一緒に剥がれ落ちるものです。

 

そのため、お肌の水分量が少なくなりターンオーバーの周期が長くなってしまうと、シミはなかなか体外に排出されず、そのままお肌に滞留して濃くなってしまいます。

 

さらに乾燥したお肌は、紫外線の刺激を受けやすく、メラニンの生成が促進されてしまうのでなおさらシミができやすくなってしまいます。

 

そのため、シミを早く薄くしたり、新しいシミができないようにするためには、お肌は常にみずみずしく潤っていることが大切です。

 

冒頭で健康的なお肌の水分量は20〜30%と述べましたが、実は理想的な水分量は40〜50%だと言われています。

 

シミ対策のためには、お肌にとって「健康的な水分量」よりも「理想的な水分量」を目安にしてしっかり保湿を心がけましょう。

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ